看護師よりも介護士の給料が高くなる?介護士の将来性!【処遇改善手当で給料アップ】

介護士の給料は看護師よりも多くなる!将来性バッチリの介護シゴトは今からはじめるべき!

 これまでの介護のシゴトは「たいへん」「めんどう」「給料が安い」なもの

今後はそれが大きく変わりそうです!

2019年は介護士の給料は看護師よりもあがるとも言われています

パワーロボット導入などのIT化で力作業もぐんと減り、楽に

2020年以降は介護業界も高学歴化が進み採用が厳しくなるかも

今はまだ人手不足なので、主婦の方や第二新卒の方も積極的に採用されています。

↓ゆえに

今、介護を始める最高のタイミングなのです。

介護業界NO.1転職・求人サイト  
月収33万円以上の介護求人多数!

  資格不要・未経験でも即働けるので安心!
 

給料は看護師より上に?

介護は看護師より給料が高くなるって、ホント!

日経メディカルがこんなニュースをアップしました。

「看護職員より介護福祉士の給料が高くなる?」

2017年介護人材確保のために、勤続10年以上の介護福祉士に月額8万円相当の賃金改善を行うことがきまりましたが、記事では、「このまま介護職員の賃金が上がり続ければ、介護事業所で働く介護福祉士などの給与が看護職員より高くなることもあり得るのでは?」といっています。

さらに読むと先日取材したある介護事業所の経営者が「ウチでは既に介護福祉士の給料が准看護師よりも高くなっている」とのこと。

表を見ると、すでにほとんど介護福祉士と看護師に差がないことがわかります。

介護福祉士ってどんな資格?

介護の国家資格です。2年の専門学校にいくほか、働きながらでも取得することができますので、未経験の方におすすめ。今後はさらに上級の認定介護福祉士という資格もつくられる予定で、介護福祉士取得後はさらなるキャリアアップが可能です。

介護業界NO.1転職・求人サイト  
月収33万円以上の介護求人多数!

  資格不要・未経験でも即働けるので安心!
 

単純な肉体労働からITで負担減へ

これまで介護職は「きつい」仕事だと思われてきました。

でもいまIT化の導入で大きく変わろうとしています。介護はもっともはやくIT化が進んでいる分野なのです。

こんなので介護者の負担を大きく減らします。

実際に介護の現場でもおためし導入がはじまっています。

実際の現場でも介護スタッフはスマホやタブレットを持ちながら働いています。

ペーパーレス化が進んでいるので、めんどうな入力業務もどんどん楽になってきています。

誇りある専門職に

介護のシゴトはいま、どんどん進化しています。

資格ひとつとっても、昔は「ヘルパーさん」などと呼ばれ誰でもできるような仕事の位置づけでした。

それが今では国家資格である介護福祉士がつくられ、さらに今後認定介護福祉士(仮)も作られる予定です。

大学院で介護を先行している学生も多く、1990年代に看護の学歴化があっという間に進んだように、介護は今後学歴化がすすみ、それに伴い誇りある専門職となっていくのはまちがいありません。採用も厳しくなるでしょう。

今がはじめるチャンス

でも人材不足の今なら、介護士として採用されるのは比較的簡単です。だから、今のうちに介護のシゴトをはじめることが大切です。キャリアップしていくことで、10年後には看護師と同等程度の給料をもらう専門職者となっているのも十分あり得ます。そのころには学歴化が進んでいるので、10年後に介護業界に入るのは容易ではなくなるでしょう。または入ったとしても能力が高い人が入ってくるので、上に上がるのも大変になるでしょう。だから今、が最高のチャンスなのです。

介護業界NO.1転職・求人サイト  
月収33万円以上の介護求人多数!

  資格不要・未経験でも即働けるので安心!
 

ケアマネなどキャリアアップも多彩

介護のシゴトのいいところは、働き方が多彩という点です。

実際の求人を見てみましょう

なんと1回の夜勤で30000円もらえます。おまけに「日払いOK」です。急にお金が必要になった時にすぐに稼げます。日払いで3万円なんて普通の事務職ではまずありえない待遇ですよね。これが医療職の絶大な強みなのです。

「応募したいけど、資格がない・・」

とお思いですか?

応募対象を見てみましょう。

「介護職に興味のある方」と書いてあります。そう、資格はなくてもOK!

また、資格取得支援サポートありの求人も。

こちらは、介護福祉士資格取得に必要な「実務者研修受講料」を15万円負担してくれます♪

看護師であれば3年間専門学校に通わなくてはいけません。その間はもちろん働くことができません。

でも、介護福祉士であれば働きながら取得できます。しかも費用負担なし。そして看護師とほぼ同じレベルの給与が期待されているのです。

 介護のシゴトは、今が最高のタイミング。まさに始めるべき

なぜでしょうか。

1. 介護のシゴトは今後高学歴化が進みます。

実際に、今後は認定介護福祉士というさらに上の資格が作られつつあります。

大学院で介護を先行している学生も多く、1990年代に看護の学歴化があっという間に進んだように、介護は今後学歴化がすすみます。それに伴い誇りある専門職となっていくのはまちがいありません。

そうなったときに、あらためて介護のシゴトを始めるのは大変です。ライバルの少ない今のうちに仕事を始め早く出世してしまうというのも一つの手です。

世の中全体で介護の地位が上がるころには、あなたは重役になっているというわけです。これは介護を使ったライフハック、人生逆転ともいえそうです。

2.無資格者、職歴なしでもすぐに始められる

介護のシゴトの良いところは、「無資格」「未経験」でもすぐに始められる点です。

食事のお手伝いをしたり、散歩につきあったりといった日常生活の手助けが中心なので、気遣いさえあれば、高度な専門知識は必須ではありません。

介護職以外はどうでしょうか?

25歳以下を除いて、事務職や営業職などのいわゆる「一般職」であっても「未経験者」が採用されることはほとんどありません。

また、履歴書に無職期間などの空白期間があればなおのこと採用されないでしょう。

その点介護職は、人手不足のために基準が緩いのです。

こんな人におすすめ

主婦やシングルマザー

さいきんは男性も増えてきましたが、介護職の7割は女性です。

介護は女性向きの仕事といわれています。食事や入浴のお手伝いといった日常生活の援助が中心なので、気配りのできる女性のほうが有利なのです。

入浴のお手伝いに関しても、女性が有利です。女性の入居者さんはやはり同じ同性に援助してもらいたいと思っています。

また一般の仕事と比べて、働き方がかなり自由です。主婦の方であれば扶養内におさまるように仕事ができます。小さなお子さんがいる方であれば、派遣に登録して手の空いたときだけ働くというスタイルも可能です。

離婚したばかりで職歴がないけれど働きたいという女性や、すぐにお金が欲しいという方にもお勧めできます。

第二新卒・無職歴の長い方

介護業界は今人手不足のため、第二新卒や無職歴の長い方も積極的に採用しています。

介護業界の職員にはいろんな人がいます。

・新卒で就職したけど、なんとなくなじめず辞めてしまった人

・ひきこもりをしていた人

・ずっと専業主婦だったが離婚して働く必要が出た人

・親の介護などで長らく無職だった人

・うつ病などの病気療養で無職だった人

・音楽、芸能などの夢追い人

こういった人の場合、ブランクが長すぎていきなり会社組織に入るというのはまず無理です。本人も仕事についていけませんし、そもそも採用されません。

その点介護職であれば受け入れられるキャパシティがあります。

日払い派遣から幅広い働き方のチョイスができますから、自分に合わせて働くことができます。

そして水にあっていれば正社員の道を目指すこともできます。そこから、認定介護福祉士やケアマネージャー、管理職とバリバリスキルアップしていくことも可能です。

逆に、のんびりマイペースにやりたいなら、週数回程度働けばいいのです。

この幅の広さが介護の仕事の最大の魅力だと思います。

無職期間が長ければ長いほど人は焦ります。

でも大丈夫。まずはハードルの低いところから始めればいいのです。

介護業界NO.1転職・求人サイト  
月収33万円以上の介護求人多数!

  資格不要・未経験でも即働けるので安心!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です